ダイエットを成功させるための体重計の測り方とは?

ダイエットや減量に取り組んでいる方の中でも、頻繁に体重を測る方と、そうでない方に分かれると思います。

私たちの体重は前日の食事、水分や塩分摂取量、そしてストレスや睡眠状況など、様々な要素に影響されます。そしてその変動幅は想像より大きいかもしれません。ある日には体重は低く、「やった!」と思っても、その次の日には上昇しているということもあるのです。もし毎日体重計に乗るたびに批判されているような気分になるのなら、これは疲れることかもしれません。

毎週の計測でもダイエットが成功する人はもちろんいます。それでも、それと同じくらいの人々が結果としてダイエットを諦めてしまう結果にもなっています。長期間にわたって毎日体重を計っていると、体重は安定していないということに、すぐ気付くでしょう。体重は変動するものです。一方で、1日か2日の変動に関わらず、週間や月間の平均体重を見てみれば、ダイエットは成功しているのかどうかすぐに分かります。1週間のうちに数回計測していれば、1度しか計測しない場合に比べて成果はずっと分かりやすくなります。毎日体重を計るとしても、間違ったやり方もあります。体重が増えたのを見ると1日何も食べないなど、過激な方法をとる人もたくさんいます。冷静に考えることができるのならば、毎日の体重計測の習慣はとても役に立つツールです。

ダイエットをしても体重が全然減らない時期はありますが、対策法を間違うとリバウンドの可能性もあります。ダイエットには停滞する時期がありますので、体重をチェックするよりも体脂肪が減っていることを確認していきましょう。ダイエットで体重減らないときでも大丈夫です。

停滞期がくるということは、今行なっているダイエットが成功している証拠です。しかし体重が減らないからといって、運動を増やしたり食事制限を増やしたりする対策法はとってはいけません。リバウンドの引き金になります。ダイエットを始めた頃は、順調に減っていたのに途中から全く減らなくなり(停滞期)、ダイエットをやめてしまう方も多くいます。

初めのうちは一気に痩せるのですが、途中で減らなくなり、その上体調も崩してしまいダイエットをやめてしまう人もいるかもしれません。食事制限のダイエットは基礎代謝を低下させる原因にもなり、おススメできるダイエット方法ではありません。

ダイエットで今まで効果を得られなかったという方は、まずこの基礎代謝の向上を重点的に考える必要があります。

脱毛をしよう!浦和 銀座カラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です