酵素は健康を左右する根本的な要素です。

健康には酵素が非常に重要な要素となります。「なぜ悪い病気にかかってしまうのか」や「寿命を左右する要素は何か」という疑問に根本的な影響力があるのが酵素です。健康は酵素で決まると言っても過言ではありません。酵素は動植物全てに存在しています。酵素は消化や代謝の触媒となる根本的な要素です。
人は食べ物を消化することで体を作っています。消化活動こそが健康の鍵を握っています。そして、消化に関わる最大の栄養素が酵素なのです。

人が一生の中で酵素を生み出せる量は決まっています。ですので、消費する酵素の量を少なくする、食事から大量に取り入れるということが必要になってきます。
人の体内にはペプシンやアミラーゼなど2万種類以上の酵素が存在していると考えられています。例えばペプシンはタンパク質の分解を担うなど、2万種類それぞれが専門の役割を持っています。食事から取り入れた栄養をアミノ酸レベルにまで分解・消化する働きをを持っています。

体に酵素を取り入れるには、できるだけ生の食材を食べるように意識することが大切です。加工食品や加熱調理した食べ物には酵素が存在しません。1食のうちの半分は生野菜や果物などを食べて酵素を大量に取り入れるようにしましょう。
人が起きている間は活発に働く消化酵素ですが、睡眠中は休むようになっています。しかし、眠る前に食事をすると睡眠中も消化酵素が休むことができなくなります。睡眠中は細胞を修復したり、新しいものに入れ替える代謝酵素が働く時間です。眠る前の食事は消化酵素の無駄遣いになるので極力控えるようにしましょう。

朝は消化活動が弱い時間帯です。この時間に重い食事をすることは消化酵素の無駄使いとなります。朝食には自らの中に酵素を持った生野菜や果物を少量摂ることで体を目覚めさせることができます。生野菜にはビタミン・ミネラル、酵素が含まれていて、果糖・ブドウ糖がエネルギー源となります。消化酵素が活発になる昼の時間帯まではこのくらいの食事で十分です。

脱毛をお考えの方はこち⇒日暮里 脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です