睡眠は確保しましょう

悩みに襲われている時ってどういう時かっていうと、暇な時であることが多いんですよ。
暇な時っていうと少し語弊があるかもしれません。何もしていない時っていう言い方をしたほうが適していますね。
特に寝る前なんかを想像してもらうとわかりやすいと思いますが、寝る前は基本的には何もしていないじゃないですか。
何もしていない人が眠れずに何かするとなったら、それは考えることしかできません。
そして、そういった経緯で考え始めますと、人はついついネガティブなことばかりを考えてしまうんですよ。

ですから、何もしない時間をあまり作らないことが悩まないコツなんです。
どうしても寝れないという方は、横になっているだけではなく、何かやるといいですよ。
昔から羊を数えろといいますが、あれは理に適っているんです。
ベタに羊を数えるのもいいですが、一人でしりとりしたり、歌の歌詞を思い浮かべたりしてみましょう。
そうすることで、悩みに襲われることなく、自然に眠りにつけます。

睡眠は悩みによって邪魔されると、途端に質の悪いものになりがちです。
そして、質の悪い睡眠を繰り返していると、睡眠不足で今度は体調が悪くなってしまいます。
その体調の悪さがまた悩みを生み出すという見事な悪循環です。
寝る前は絶対に悩まないほうがいいです、あなたの日常生活を徐々に壊していく悪魔のようなものです。